帝王切開

症例画像1
症例画像1

正常に娩出がされず、外部から何らかの介助を必要とすることを難産といい、時に外科的介助として帝王切開を実施することがあります。

帝王切開では母体だけでなく胎児に対する迅速かつ適切な処置も必要となるため、技術や経験はもちろんのこと、チーム医療が大切です。

なお、お産については特定の犬種(ブルドッグ、フレンチブルドッグ、パグ、ボストンテリア、チワワ、ポメラニアンなど)や猫種(バーマン、ペルシャ、ブリティッシュショートヘアー、シャムなど)においてリスクが高いとされます。

前の記事

動脈血栓塞栓症

次の記事

僧帽弁閉鎖不全症・肺水腫